ネットワークビジネス勧誘はつきもの」なんてもう古い!!

ネットワークビジネス勧誘のイメージって
すごく悪いイメージをもっていませんか?

他にも勧誘する仕事(保険、新聞屋などもそうですよね)はあるのに、
どうしてネットワークビジネスだけがそうなんでしょう??

おそらく、ネットワークビジネスの報酬の仕組みが
大きな原因のひとつではないでしょうか?


うわさ話.jpg

あなたもご存知のとおり、ネットワークビジネスは、
宣伝(勧誘)活動をして、相手の方が、購入、あるいはビジネスを始めると
上の方に報酬があるというシステムですよね。

そのシステムがイメージを悪くしているのかもしれません。

友人にネットワークビジネスを紹介されたとき、

「この人私から搾れるだけ搾りとろうとしているのに違いないわ」

「きっと、あの人、あたしのことが¥福沢諭吉¥にみえてるのよ」

道端で近所のママ友がこんな風にあなたのことをうわさしているかもしれませんよ。
(そんな人ばかりじゃないですけどね)

ネットワークビジネスは勧誘しなければ収入にならない、
勧誘はネットワークビジネスの代名詞、なんてお思いのあなた、

それはもう昭和の考えかもしれません。

友達を誘うから、友達にいやがられる。

しつこいからウザいと思われる。

興味ない人に薦めるから断られる。

ほら、勧誘っていいことなしのような気がしてきますよね。

あなたが、人に美味しい店を紹介するときは、相手に
「どこかおいしい店ない?」って聞かれてからのことが多くありませんか?

もしくは、相手がグルメな方だとわかっているから
「こないだいい店見つけたのよ」とお話しするでしょう。

それが、ネットワークビジネス業界では、
いきなり、
「○○さん、久しぶりね、学生時代以来かしら?
  ~中略~
 で、今日電話したのはね・・・」
てな感じでいきなりすぎるんです。

しかも、ネットワークビジネスと聞いて、
「え、あなたねずみ講やってるの??」
とすぐに言われたりして・・・。

このやり方でダウンができる確率は5%以下と言われています。

それなのにこのやり方を続けるのはなぜなんでしょう?

もう勧誘は不要の時代です。

インターネットに任せましょう。

あなたのやり方は間違っている!!


240x150_d.jpg



  


スポンサーリンク