ネットワークビジネスABCが友達を失う発端になりかねない!

ネットワークビジネスABCという勧誘スタイル、
ごく一般的な口コミ、勧誘の手法ですよね。

でも、ABCをする際、友達にネットワークビジネスの話をすると
伝えてからでないと友達を失いかねません。

これは僕のネットワークビジネスABC現場での体験談です。

苦手.jpg

ネットワークビジネスのABC、ご存知ですか?
ネットワークビジネスに携わり始めた頃、
ABCといえば「基礎知識」みたいなものなのかと思っていました(笑)

皆さんはすでにご存知だとは思いますが、一応簡単に説明します。

< ネットワークビジネスのABC >

A:adviser(アドバイザー)・・・説明してくれる人
B:bridge(ブリッジ)・・・・・・橋渡し役、仲介みたいな感じかな
C:customer(カスタマー)・・・勧誘される人

ネットワークビジネスでよくありそうな光景のことです。
Bさんがあなたなら、Aさんはバリバリのアップさん、
Cさんはあなたの知り合いですね。

カフェとか、ファミレスとかであなたがCさんを連れて行くと、Aさん登場!
AさんがCさんに製品やビジネスを説明して、あなたは笑顔でうなずく。

「あなたはただうなずいてくれるだけでいいのよ、わたしにまかせて」

とAさんに事前に言われている状況でしょうか?

このとき、ホントにうなずいてるだけじゃなく、
説明のしかたの勉強になっているのです。

Cさんには会う前に
「今度すごい人を連れて行くからね」
と話してあるのでしょう。


ABCという呼び方は知りませんでしたが、Cさんの立場で
こういう場面に出くわしたことが過去にありました。

友人と飯食うだけかと思ったら、知らない人が来て・・・という風に。

前もってビジネスのさわりの部分とか、製品のこととかは
その友人から聞いていましたが、
次に会うときに知らない人が来てビックリでした。


「ABCが成功者への近道よ」
とAさんにBさんは言われるのでしょうか?

僕のCさんの経験からすると、
「興味も薄い製品を、知らない人から説明受けても、オラ買わね」
です。(僕個人の意見です)

その時、学生時代のように話そうと思って、友人に会いに行きましたが、
知らない人を連れてきて、終始ビジネスの話でうんざりでした。

その友人とはそのビジネス絡みの時に断ってからは
連絡もいまだに途絶えたままです。

そんなことが過去にあったので、
僕はネットワークビジネスの報酬に魅力を感じても、
友達を誘うことはできない、したくないと思っています

ネットワークビジネスABCが友達を失う原因になるなら、
別のやり方でダウンを作る方法を選びたいですね。

それでも友達を誘い続けますか?

インターネットが収入アップの近道.jpg







スポンサーリンク