おびえる.jpg

がく〜(落胆した顔)【必見】成功できないのはあなたのやり方が間違っている!!目


ネットワークビジネスの勧誘の被害ってよく聞きますよね。

ネットワークビジネスの話だと言わずに呼び出して、勧誘されたとか。


これは、苦情相談窓口である消費者センターにも届けられていますが、

ブラインド勧誘といって違法です。




ネットワークビジネス被害苦情、なんとかならないものでしょうか?

まじめに取り組む人たちにとってはいい迷惑ですよね。


今日はビジネスに参加してからの被害例です。


ネットにこんな苦情があったと書いてありました。


とあるネットワークビジネス参加者のアップとダウンの話です。

「今月から、3ヶ月間、代理店をめざしてよ!」

3ヶ月で80万近い売上を作れば代理店として
活躍できる仕組みだそうです。

代理店になれば収入が増えるんでしょう。


「今回はキャンペーンで、月12万以上を3ヶ月、

 累計70万で代理店になれるのよ!!」


月12万売るのも大変そうですが、それだけでは70万には
到底足りてないですね。


「そんなに売れませんよぉ~!!」

僕もそういうと思います、強引な勧誘したら
苦情やクレームになりますしね。

「ひとつ12万円の製品があるから、それを三つ売ること、

 月に一つ売ったらいいのよ、たった一つ!!」

「そのうち一つはあなた試しに使ってみたら?」


(えぇーっ!あたしに12万円で買えって言われてる・・・)

もう、完全に被害者ですよね。


あなたなら、収入を得るために12万円使えますか?

勧誘して残りの58万円売ることができますか?



がんばって目標をクリアして売ったとしても、

翌月基準を満たすことができなければ、

代理店じゃなくなるようです。



販売型ネットワークビジネスによくありそうな話ですよね。

アップに製品を購入することを強要されるって・・・


こういう被害や苦情は、せっかく参加してくれたダウンさんを

失ってしまうという危険があります。


このアップの人はそうしてまでも、自分のポイントを稼ぎたかったのでしょう。

ダウンの方はこんなとんでもない被害に巻き込まれたら、

ネットワークビジネスのことが嫌になるでしょう。



辞めてから、ネットに苦情を書き込むかもしれませんね。

「アップに高額な製品を売りつけられるから、
 ○○という企業はひどい、悪質だ!!」

というふうに。


実際、ネットで見つけた被害にあわれた方の話ですからね。


こうなると、やっぱりその企業にかかわる人すべてが

苦情の標的になっていました。



子育てをしながらネットワークビジネスをする主婦は

家計から製品代を捻出するでしょうから、とてもじゃないですが、

続けられる金額ではないと思います。



ただでさえ、火の車の家計に大打撃になってしまいますもんね。


そういう意味では、高額な製品を扱う企業より、

消耗品などの低額商品を扱う企業や、

小売するために在庫が必要な販売型のネットワークビジネスより、

自己消費の購入型ネットワークビジネス企業のほうが、

主婦には取り組みやすいといえます。


参考資料:「子育て主婦のお金と時間の賢い稼ぎ方」7日間の無料メールセミナーです

「主婦でも成功」の声続出!驚異の在宅インターネット集客術!!

完全無料!途中でもワンクリック解除もできますのでお気軽に!!


スポンサーリンク