開放.jpg

がく〜(落胆した顔)【必見】成功できないのはあなたのやり方が間違っている!!目

ネットワークビジネス収入を得たら、気になるのが税金ですよね。


特に副業でネットワークビジネスをしている人は、

「会社にバレたらどうしよう」という悩みもあるでしょう。


副業の場合、年間20万以上の収入があれば税金の申告を

する必要があります。


ネットワークビジネスを本業としてやっているならば、所得から経費を差し引いて

38万以上であれば、税金の確定申告をしなければなりません。





詳しいことは、税理士さんに税金の相談をするのが早いのですが、

副業の収入で税金を払うと会社にバレる可能性があるのでご注意!!




会社が副業を禁止している場合、バレたら困りますよね。

どこからバレるのかといいますと、


住民税を会社から引かれている場合の、この住民税でバレるんです。



え、どういうことかって??


会社で給料天引きの際、他の従業員と同じ給料なのに、

住民税が違いすぎると、「おかしいな?」ということに

なるんです。



どうしたらバレずにすむかという奥の手がありますので、

ご心配なく。



それは確定申告の際の税金の手続きで、できるんです。

確定申告の際に、税金の支払い方法を「普通徴収」を

選択するんです。


こうしておけば、自宅に副業分の税金の支払い請求書が

届きます。


「特別徴収」を選ぶと会社から天引きになってバレるかも

しれませんので、ご注意ください。



それ以前の問題として、会社の同僚や後輩に、

ネットワークビジネスの勧誘してませんか??



それは、いつバレても仕方ありませんよ。

自業自得です。。。



その、もう一つそれ以前に、

「権利収入どころか、経費ばかりで出ていくいっぽうよ!」


というかたも当然いらっしゃると思います。

セミナー代、電話代、交通費、お茶代、サンプル代、書籍費・・・

収入があればそれら全部を税金対策に使えます。


ビジネス用という名目で服を買っても経費で落とせますよ。

自宅のローンも、事業の家賃として何割か落とせます。


車を購入しても、ホテルに宿泊しても。



まずはネットワークを作っていくことですね。

収入を得るために。



最初の頃は、ホントに収入にはならないし、経費はかかるし、

「思ってたのと違う、儲かるどころか、お金は出ていくばっかり!!」と

思うことでしょう。それが労働収入と違うところです。




「でも、誰もネットワークビジネスに興味を持ってくれないのよ・・・」


ネットワークビジネスに興味ある人を集めればすむことです。


インターネットで集客すれば、仕事は在宅ワークになりますし、

口コミ、勧誘に出向くこともなくなります。



子育て、家事で忙しい主婦の方も、

この在宅ネットワークビジネスのノウハウだったら、

税金の確定申告に行くほど、稼ぐことも可能になるかもしれません。




参考資料:「子育て主婦のお金と時間の賢い稼ぎ方」7日間の無料メールセミナーです

「主婦でも成功」の声続出!寝ている間もダウンがザクザク!!

完全無料!途中でもワンクリック解除もできますのでお気軽に!!


スポンサーリンク