南の島.jpg

がく〜(落胆した顔)【必見】成功できないのはあなたのやり方が間違っている!!目

ネットワークビジネス営業停止、業務停止ってよく聞く話ですよね。


営業停止の原因は・・・

・ディストリビューターの迷惑行為(強引過ぎる勧誘とか)

・不実告知(説明不足)

・誇大な宣伝(行き過ぎたセールストーク、ウソの説明)


などなどいろいろあります。


それにより、過去には3ヶ月、半年、9ヶ月と営業停止になった、

ネットワークビジネス企業もあります。



その営業停止、業務停止というのは、本来、指摘をされ、通告を受けて

やむを得ず、営業停止するというのが普通です。



それをもし、自主的に「これはヤバい」と自主的に

ネットワークビジネス企業が、

「うちのディストリビューターの営業態度を是正するため、業務を停止します」


としたらどうなるのでしょうか?


実際、そんなネットワークビジネス企業もあるようです。


その会社は、

違反していると思われる項目を徹底的に、ディストリビューターに

指導したようです。




今後ビジネス行為をするためには、試験を受けて受かったものだけとする


というような形で。



これが徹底されれば、とてもいいネットワークができていきそうですよね。



これ、自主的に営業停止、業務停止にしたおかげで、一ヵ月半で

営業再開することができたそうです。



法的に処罰として営業停止になったわけではなく、

あくまで「自主的」であったため、特に期限もなく、

活動を再開することができたのです。

自社でゴーサインを出すことができたのです。




このネットワークビジネス企業自体が、

力を持っていたのかもしれませんが、


こういう前例を作ったことで、


他社も、「ヤバい」と思ったら自主的に業務停止をすればいい

と単純に考えている企業もあるかもしれません。



会社単位でいうと、ここで話は終わりでしょうが、


ビジネス従事者の目線で言うと、

「企業が業務停止をしたら、私の収入はどうなるの??」という思いもあるでしょう。



それ以前に、こういう法に抵触しそうなセールスをする方が、

いまだにたくさんいるということです。




これでは、ネットワークビジネスという存在は、

まだまだ、悪いイメージであったり、悪徳だと思われ続けるのかと

思うと、残念で仕方ありません。





ネットワークビジネスは、ネットワークを広げて構築していくことで、

その権利で収入を得られることができるビジネスです。



強引な勧誘や、口コミ、ウソの説明などがまかり通ってしまっているから、

いつまでたっても、ねずみ講呼ばわりされてしまうのでしょう。



ネットワークを作るために、絶対に友達や知人を勧誘しなければいけない

というルールはありません。



やり方を工夫すれば、もっと快適に、もっと楽しく、

ストレスもなくビジネスができると思います。




その一つの方法が、子育て主婦もたくさん活動し、

うまくやっている、在宅でインターネットを使った

ネットワークビジネスだといえるかもしれませんね。




参考資料:「子育て主婦のお金と時間の賢い稼ぎ方」7日間の無料メールセミナーです

「主婦でも成功」の声続出!寝ている間もダウンがザクザク!!

完全無料!途中でもワンクリック解除もできますのでお気軽に!!


スポンサーリンク