子育てと仕事.jpg

【必見】女性が子育てしながらできる働き方教えます!


女性働き方って悩み事が耐えないと思います。

・社会人として働き始めたのに、結婚して、旦那が転勤したら、会社を辞めることになるかも

・妊娠したら、産休?それとも退職?

・出産後は会社復帰できるだろうか?

・育休とった後、職場に戻ると、みんなの態度が変わっていた

・保育園に入れたいから仕事探しをはじめたけど、勤務時間が合うのが少ない

・年子で出産、また育休?と周りからいわれる

子育てしながら、家事しながらの仕事ってなかなか大変


女性働き方は男性とは違う悩みがたくさんありますね。


特に、この子育てしながらとか、妊娠発覚とか、産休、育休あたりの悩みが多いでしょう。



できれば、慣れた職場でずっと働くのが一番いいですもんね。


いまや女性が第一線で活躍できる仕事もたくさんあります。


その人の働き方、仕事に対する姿勢、プロ意識などは男性だからとか、

女性だからとか性別は関係ありません。



ただ、まだまだ社会的には男性が子育てすることに抵抗があったり、

子育ては女性がするものという考え方も根強く残っています。




かくいう僕も子育て主夫です。

仕事はしていますよ、本業と副業も。

でもどちらも基本的には在宅ワークなので、子育てもできるんですけど。


炊事も洗濯も掃除も時間がゆるすかぎりちゃんとしています。



だから、女性が子育てをしながら働くというのがどれだけ大変かということが

身にしみるようにわかるんです。



もし僕が、在宅ワークではなくて、外に働きに出ているとしたら、

子育てまで手が回らないかもしれません。



なので、働く子育て主婦はホントにすごいと思います。




中には、パートの掛け持ちをしたり、女社長でありながら、子育てもしっかり

している人もいらっしゃいますが、とても尊敬してしまいます。




もう高校生くらいの子どもであれば、全然気にならないでしょうけど、

子どもが小さいうちは、子育て中心の働き方になるでしょうね。




パートに行くか、フレックスタイムの職場を選ぶか、

子育てで大変なうちは専業主婦となるか・・・。




専業主婦でも、家計、収入が安定していて生活にまったく困らなければ、

いいんですが、大半の方は家計のやりくりに困り果て、パートを探して

働く女性が多いでしょうね。



子どもが学校を病気で休んだら、ほっておけないですから、パート先に

急遽休むことを伝えなければならないことだってあると思います。



そのせいで、肩身が狭くなったり、白い目で見られることもあるかもしれません。



そうなってくると「もうパートに行くのを辞めようかな」と思いたくもなります。

しかし、家計のために働かなくてはならない。



そういう感じで、いやいやパート勤めしている主婦も多いんですって。



あなたはどうですか?




僕のように在宅ワークなら、自宅が職場ですので、

子どもが病気でもそばにずっといてあげられます。

空いた時間を工夫して仕事することも可能です。





在宅ワークでできるネットワークビジネスなら、

働いた時間分だけや労働力分だけの収入ではなく、

ネットワークを大きくしていくことで収入はどんどん増えていきますし、

ある程度まで働けば、休んでいても収入が入ることもあります。



ネットワークビジネスと聞いて、あのうざい口コミや勧誘をイメージした人も

多いと思いますが、在宅ワークでやれば、インターネットで集客しますので、

そういう口コミや勧誘は必要ないんです。



もちろん、在宅ワークのメリットも兼ね備えているわけですから、

子どもと一緒にいながら自宅で仕事ができます。




稼げるようになってきたら、いやいや行っていたパートに見切りをつけて、

こちらを本業にすればいいんですよ。



そう考えたら在宅ワークのネットワークビジネスは、

まさに子育てしながらできる最高の女性の働き方だといえるのかもしれませんね。



参考資料:「子育て主婦のお金と時間の賢い稼ぎ方」7日間であなたの人生が変わる!

「主婦でも成功」の声続出!驚きの在宅インターネット集客術!!

僕が成功した秘密をこっそり教えます!!


スポンサーリンク