ティエンズ遺伝子検査で生活習慣病のリスクが減るという噂は真実か?

ティエンズ遺伝子検査を2016年の春に導入するという
ウワサをご存知でしょうか?

この遺伝子検査ティエンズが導入することにより、
生活習慣病のリスクが減ることが期待されているようです。

ティエンズ遺伝子検査で新しいマーケット開拓が
できるのかどうか調べてみました!!


marketing.jpg


ティエンズは中国に本社があり、その敷地には、
TIENS インターナショナル ヘルス インダストリアル パークという複合施設
が併設されています。

そこには、ホテルや物流センターもありますが、特筆すべきは、
総合研究開発施設があるということです。

ここにあるヘルスマネジメントセンターには、DNAの検査の機材が揃っていて、
医療研究も進められています。
すでに10万人のDNAが研究開発のために採取してあるとか。


このDNA検査サービスは病気になる前、つまり未病の段階で
病気になるリスクを減らすことに貢献できる革新的なサービスだと
ティエンズ関係者は自信を持っています。

現在の日本では生活習慣病で亡くなる人たちが6割だそうで、
ということは、高血圧、コレステロール過多、メタボ、糖尿病などが原因で
お亡くなりになる方がたくさんいるということです。

ドキッとしたあなた!
今すぐダイエットしなきゃとか思ったんじゃないですか?

冷蔵庫の中のケーキはどうします(笑)

ご主人も喫煙やお酒の飲みすぎ、中年太りのメタボ体型で
生活習慣病予備軍かも?


そう考えると、このティエンズの遺伝子検査サービスは
現代、次世代のマーケットをしっかりつかんだ、
時代にマッチしたサービスと言えるかもしれませんね。


2015年の10月にはneoyakuzenシリーズの新製品、
生活習慣病対策サプリ「MAX」(エムエイエックス)も発売されました。


このような漢方や薬膳、ティエンズのこだわりの養生文化の製品と、
今後の遺伝子検査サービスの展開が相乗効果で、
DNAレベルから未病を予防していくというコンセプトは、
今後のティエンズのビジネスに大きな期待が寄せられますね。

【検証結果】1円も稼げない理由がわかった!!
インターネットが収入アップの近道.jpg





スポンサーリンク